生産設備のご紹介

当社では、お客様の幅広いニーズにお応えし、高い生産性を維持するために生産設備の充実にも力を入れています。また万全な製品検査体制で、よりクオリティの高い製品を目指しております。

多層押出連動成形

多層押出連動成形

多層押出連動成形は粒状の原料(ペレット)を溶かしてシート状に押出し、押出したシートから製品を成形する方法です。 いろいろな原料を層状に重ねてシートにすることで、遮光性、ガスバリア性など異なる性質を組み合わせることが出来ます。

押出したシートを加工可能な温度まで再度過熱し、真空、圧空を掛けて型に押し付けることで型の形状通りに成形します。 プレス機で成形した製品をシートから抜き落とします。(トリミング)トリミング後のシートは粉砕され、原料として再利用されます。

シート成形

シート成形はその名の通り、シート状のプラスチックを加熱し、加工可能な柔らかさにした後、真空や圧空を掛けてシートを型の形状通りに成形する方法です。当社では真空圧空成形法と熱盤圧空成形法の2つを行っており、それぞれに異なった特徴があります。

真空圧空成形法

真空圧空成形法

成形を行っている間に次に成形するシートを平行して過熱行うのが特徴で、成形のサイクルを短くすることが出来ます。

成形面積を大きく取れるのも魅力の一つです。厚みのあるものや、底の深いものを成形するのに適しています。

熱盤圧空成形

熱盤圧空成形

熱盤圧空成形は過熱した鉄板(熱盤)にシートを吸い付けて加熱し、その後圧空を掛けてシートを金型に押し付け、成形する方法です。

熱盤に吸い付けたまま過熱するので、加熱によるシートの伸びや変形を抑えることが出来、シートにプリントした絵柄を目的の位置に合せて成形することも可能です。しかし、その性質上、成形出来るのは深みの無い浅いもの、薄いシート(一般に0.6mm以下)に限られます。

射出成形

射出成形

射出成形は、粒状の原料(ペレット)を加熱して溶解し、合わせたオス、メスの型の間に流し込んで冷却することで加工する成形方法です。

原料を一度溶解して、型の中に充填するので精密な形状のコントロールが出来、高い再現性を有しています。

タックラベリング

タックラベリング

当社で独自開発したタックラベラーによって、テーパーカップへの側面全周ラベリングが可能となりました。

紙や樹脂で出来たラベルを全周に隙間無く1枚張りすることが可能で、これまでになかったカップとの一体感が表現出来ます。

また各ラベラーに取り付けられたピンホールチェッカー、内面および外面検査カメラなどにより、品質管理を徹底しております。

印刷

印刷

製品の印刷にはドライオフセットと呼ばれる方法を使用しています。版から一度、平らなゴム版にインキを転写して、これを印刷物に圧接させて印刷を行います。

オフセット印刷はカラー印刷においても生産性が高く、広く使われている印刷方法です。版は薄い金属板に感光性の樹脂を使用しており、軽量で比較的安価、型換えも容易なので小ロットの生産にも適しています。

当社では円筒形のカップ、角型のカップで最大8色、容器蓋等平面の物で最大6色の印刷を行うことが可能です。

ページトップへ