代表挨拶

経営理念

私たち生駒化学工業グループは、1964年(昭和39年)の創業以来、一貫してプラスチック成形事業の分野で、お客様のご要望に応えることを念頭に精進して参りました。

お客様および関係各社様からのご指導、ご支援のお陰で、当社は着実に成長を遂げることができました。今後も皆様のご期待に継続して応えられるように企業努力を積み重ねて参ります。

昨今、プラスチック成形加工業界を取り巻く環境は大きく変化し、生き残りを賭けた大競争時代に突入していると理解しております。

こうした中、私達は長年培ってきた専門的な技術と経験をさらにステップアップさせ、生き残りだけではなく勝ち残りを視野に入れた企業活動に邁進して参ります。

2006年に設立いたしましたグループ会社 株式会社アイケープラストを新規事業と開発業務の重要拠点と位置付け、今後製品の付加価値をより高めたモノづくりに取り組んで参ります。

多種多様化したお客様のニーズにお応えするためにも、「お客様のために何ができるのか」を常に考え、全社一丸となって日夜たゆまぬ努力を積み重ねていく所存でございます。

約半世紀に渡る歴史と伝統にプライドをもち、ご支援頂いた方々に感謝することを基本理念とし、皆様に信頼される元気な会社をつくることが代表者である私の使命だと考えております。

今後とも何卒ご愛顧の程宜しくお願い申し上げます。



株式会社 生駒化学工業 代表取締役社長 生駒 哲也






ページトップへ